マットレスの上に敷布団いらない(なしでOK)理由【ニトリや無印ベッド・折りたたみにそのまま寝るな】

マットレス敷布団

マットレスの上に敷布団がいらない理由は、カビが生えやすくダニの原因にもなる・腰への負担がかかりやすくなる・マットレスの寝心地を妨げるからです。

ただ布団カバーをつけないとマットレスに汚れがつきますし、寝心地を変えたいならマットレストッパーを敷く手段があります。

この記事では、マットレスの上に敷布団がいらない理由+マットレスの上に敷けるおすすめ寝具をご紹介。

マットレスの上に敷布団がいらない3つの理由

マットレスの上に敷布団がいらない3つの理由

  1. 敷布団を敷くとカビが生えやすくなる
  2. 腰への負担がかかりやすくなる
  3. マットレスの寝心地を妨げる

1.敷布団を敷くとカビが生えやすくダニの原因にもなる

マットレスの上に敷布団を敷くと、湿気がたまりやすくなりカビが生える原因になります。

そのほかダニ発生の原因にもなるので、マットレスの上に敷布団を敷くのはおすすめできません。

2.腰への負担がかかりやすくなる

敷布団を敷くと体重のかかる部分(頭・腰・お尻付近)が沈み込みやすくなるので、腰痛悪化の原因になります。

寝返りもしづらくなるので、体の一部への負荷が増加して体の疲れも取りづらいです。

3.マットレスの寝心地を妨げる

高反発マットレス

マットレスにはそれぞれ特徴*があり、敷布団を敷くとマットレス本来の寝心地を妨げてしまいます。

*コイルの反発力・厚みの違いによる体圧分散・低反発の柔らかな寝心地など

マットレスの上に寝具を敷いて寝心地を変えるなら、「マットレストッパーおすすめ」こちらの記事を参考にしてみてください。

マットレスの上にそのまま寝る(ニトリ・無印・エアウィーヴ)のもおすすめできない

マットレスの上にそのまま寝ると汚れ・劣化の原因になります。

どの寝具メーカー(ニトリ・無印・エアウィーヴなど)を選んでも、マットレスの上にシーツを敷いて汚れから保護していきましょう。

2段ベッドマットレスにそのまま寝るのもNG

2段ベッドマットレスはお手入れが大変です。

そのまま寝ることなく、シーツを敷くことを推奨します。

折りたたみマットレスにそのまま寝るのもNG

マニフレックス三つ折り

折りたたみマットレスもシーツを敷いて、汚れから保護していきましょう。

汚れから保護することで、マットレスの寿命も伸びます。

マットレスの上に敷けるおすすめ寝具4選

マットレスの上に敷けるおすすめ寝具4選

  1. マットレスの上に敷いて寝心地を良くするマットレストッパー
  2. マットレスを汚れから守る敷きパッド
  3. シーツの下に入れて寝心地を良くするベッドパッド
  4. 寝汗やダニから守る防水マットレスプロテクター

1.マットレスの上に敷いて寝心地を良くするマットレストッパー

エアウィーヴ

マットレストッパーとはマットレスの上に敷いて寝心地を変える寝具です。

有名なのは浅田真央選手愛用の「エアウィーヴ」。

エアファイバー素材で体を包み込むような寝心地を体感できます。

そのほかマットレストッパーの特徴、種類は下記記事を参考にしてみてください。

2.マットレスを汚れから守る敷きパッド

マットレスの上に敷ける寝具の定番は、汚れ・寝汗からマットレスを保護してくれる敷きパッド。

敷きパッドは、夏用のひんやり感触・冬用の暖かい感触と、種類によって寝心地を変えられるのも特徴です。

3.シーツの下に入れて寝心地を良くするベッドパッド

シーツの下に入れてマットレスの寝心地を良くするベッドパッド。

ベッドパッドの素材は綿なので、柔らかい寝心地を体感できます。

4.寝汗やダニから守る防水マットレスプロテクター

防水マットレスプロテクターは、敷きパッドの代わりに汚れ・寝汗からマットレスを保護してくれる寝具。

防ダニ・防水・防カビ加工されてるので、しっかりマットレスを保護したい方におすすめの寝具です。

マットレス敷布団いらない理由【まとめ】

最後にもう一度マットレスに敷布団がいらない理由をまとめると、

  1. 敷布団を敷くとカビが生えやすくなる
  2. 腰への負担がかかりやすくなる
  3. マットレスの寝心地を妨げる

こちらになるので、マットレスの上に敷布団を敷くのは推奨できません。

マットレスの上に敷いて寝心地を変えるマットレストッパー含め、各寝具メーカーの特徴を下記記事でまとめてるので、ぜひ参考にしてみてください。

-マットレスで良くある疑問

© 2021 腰痛マットレス一家|2021年腰痛寝具おすすめ51社比較ランキング【選び方口コミ体験談】