硬めマットレスおすすめランキング9社比較【痛いデメリットは?メリットも解説】

硬めマットレスおすすめ

「硬めマットレスは、どう選べばよい?」

「硬すぎて体痛くならない?」

硬めマットレスを選ぶ基準は人によってさまざま、寝具メーカーや種類が多いから、どれを選べばいいかわかりにくいですよね。

先にデメリットをお伝えるすと超硬め(300N)以上のマットレスを選ぶと、体が痛くなる恐れがあります。

そこで、この記事では300N未満の硬めマットレスの「厚さ」「料金」「耐久試験」「保証内容」という4つの観点を徹底比較。

2021年おすすめの硬めマットレスランキングをご紹介します。

<厚さ別人気3選!おすすめ硬めマットレスを比較>

名称 モットン

モットン

雲のやすらぎ

雲のやすらぎ

マニフレックス

マニフレックス 

厚さ 10cm 17cm 16/22/23cmの3種類
料金 39,800円~(*山本昌選手愛用) 39,800円~(*千代丸関愛用) 31.000円~(アウトレット開催中)
耐久試験 8万回の耐久試験をクリア 8万回の圧縮試験にたえぬく耐久性 厳しい耐久試験をクリア
保証内容 90日間の返金保証 100日間の返金保証 10年のへたりによる形状変化を保証
詳細 詳細→ 詳細→ 詳細→

もっと詳しい硬めマットレスの選び方、それぞれの特徴を解説するので、ぜひ参考にしてください。

硬めマットレスの比較基準3つの選び方

硬めマットレスを選ぶポイントは、

1.厚み

2.耐久試験

3.コスパ

以上3つになります。

失敗しない硬めマットレス選びを実現するためにも、耐久試験をクリアーしていて、厚みありで保証付の硬めマットレスを選んでいきましょう。

硬めマットレスおすすめ人気ランキング

1.厚さ10cmで10万回の耐久試験をクリアーしてる硬めマットレス モットン

モットン

モットンは厚さ10cm/80万回の耐久試験をクリアー/90日間の返金保証付きの硬めマットレスです。

価格は39,800円~、硬さはレギュラー・ソフト・ハードの3種類から選べます。

硬さの選び方は「体重81kg以上の方はハード」と記載あるので迷うことはありません。

90日間の返金保証付、コスパの良い試しやすい硬めマットレスです。

\1日限定100名!90日の返金保証/

>>「モットン口コミ」体験談

 

2.厚さ17cmで8万回の耐久試験をクリアーしてる硬めマットレス 雲のやすらぎプレミアム

雲のやすらぎ

雲のやすらぎプレミアムは厚さ17cm/8万回の耐久試験をクリアー/100日間の返金保証付きの硬めマットレスです。

価格は39,800円~、硬めの凹凸マットレスで体の一部に負荷がかかりにくく体圧分散に優れています。

モットンより硬さはソフト、100日間の返金保証付なので、こちらもコスパに優れ試しやすいです。

\キャンペーン実施中!100日の返金保証/

>>「雲のやすらぎプレミアム口コミ」体験談

 

3.50年以上の歴史をもつイタリア発祥の硬めマットレス マニフレックス

マニフレックス

マニフレックスは50年以上の歴史をもつイタリア発祥の世界的ブランドの硬めマットレスです。

素材は優れた通気性、高反発を誇る「エリセオル」を使用しています。

値段は31,000円~になりますが、定期的に通販限定のアウトレットセールを開催中です。

\期間限定アウトレットSALE開催中/

>>「マニフレックス口コミ」体験談

 

4.三次元状に絡み合ったairfiber使用の硬めマットレス エアウィーヴ

エアウィーヴマットレス

エアウィーヴは浅田真央さん愛用、科学の力で理想の睡眠を追及している硬めマットレスです。

三次元状に絡み合ったairfiberがあらゆる方向から体を支えて体圧分散、体にかかる負担を軽減してくれます。

値段は99,900円になりますが、200人以上の方にモニターしてもらい理想の硬さと厚みを徹底研究してる硬めマットレスです。

\3年の素材交換保証/

>>「エアウィーヴ口コミ」体験談

 

5.64万人以上の治療をしてきた接骨院開発 ドクタータフィ

ドクタータフィ

ドクタータフィマットレスは厚さ6cm、価格は39,800円~、90日間の全額返金保証付の硬めマットレスです。

接骨院に通う患者さんの生の声を聴きながら、低反発と高反発の2階層で凹凸の組み合わせを実現。

64万人以上の腰痛を治療してきた接骨院開発、返金保証付なのでコスパに優れ試しやすいです。

\90日の返金保証キャンペーン実施中/

>>「ドクタータフィ口コミ」体験談

6.水洗い可能の硬めマットレス エイプマンパッド

エイプマンパッドマットレス

耐久性の高い30D素材を使用しているエイプマンパッド。

側面にはダブルメッシュを採用しているので、通気性にも優れている硬めマットレス です。

価格は1万2,270円、マットレスの種類は4種類ありますが、最も人気のある厚さ9cmのパッド9がおすすめです。

\三つ折りで耐久性に優れた3D素材/

>>「エイプマンパッド口コミ」体験談

 

7.ベルギー発祥で四層構造の硬めマットレス エムリリーマットレス

エムリリー

エムリリー(mlily)はベルギー発祥の世界中のアスリートから指示されている硬めマットレスです。

四層構造の優反発フォームを採用して、優れた体圧分散機能で寝返りと睡眠をサポート。

値段は70,000円になりますが3年の品質保証を採用しています。

\3年の品質保証キャンペーン実施中/

>>「エムリリー口コミ」体験談

 

8.昭和西川の硬めマットレスで凹凸加工 ムアツ布団

ムアツ布団

1971年昭和西川から販売されたロングセラー商品「ムアツ布団」

硬さは3種類から選べて、どれも凹凸加工が施され耐圧分散に優れてるマットレスです。

厚さ9cmのマットレス(41,800円)、厚さ3,5cmのベッドマットレスタイプ(30,800円)の2種類あります。

\送料無料!昭和西川のロングセラー商品/

>>「ムアツ布団口コミ」体験談

 

9.2種類の特殊構造ウレタン採用の硬めマットレス スリープマジック

スリープマジック

スリープマジックは2種類の特殊構造ウレタンと3種類の厚さを兼ね備えた硬めマットレスです。

通気性に優れ、無数の線で全身をなめらかに体圧分散。

人気の三つ折りマットレスは厚さ9cm/14cmの2種類。

スリープオアシス/K18シーズもありますが、口コミの良いスリープマジックシリーズがおすすめです。

\30D以上の高反発ウレタン/

>>「スリープマジック口コミ」体験談

 

硬めマットレスをおすすめする人とは?メリット・デメリット

硬めマットレスをおすすめする人は、体重の重い人です。

体重の重い人は軽い人と比べると、頭・腰・お尻辺りが沈み込みやすく、柔らかいマットレスを選ぶと体への負担がかかります。

体への負担を減らす+マットレスのヘタリを防止するためにも、体重の重い方は硬めのマットレスを選んでいきましょう。

硬めマットレスのデメリット

デメリット

超硬めだと体が痛くなる
マットレスが重い

硬めマットレスは超硬めだと体が痛くなる+マットレスが重いデメリットがあります。

硬めマットレスのメリット

メリット

寝返りがしやすく腰への負担が少ない
寝ているとき体の一部に負担がかかる、体重の重い人におすすめ
ヘタリにくい

硬めマットレスのメリットは、腰への負担が少なくヘタリにくい点です。

特に体重の重い方は、体への負担を減らすためにも硬めのマットレスを推奨します。

硬めマットレスおすすめランキングまとめ

最後に硬めマットレスを選ぶコツをご紹介。

あなたの体重によって選ぶべき腰痛マットレスは異なります。

*体重が重い=硬めマットレスと体の間に凹凸ができやすく、厚みのない寝具を選ぶと底付き感を感じる&曲がった寝姿勢になるから

寝姿勢に凹凸ができると、腰への負担は増加します。

いまのご自身の体重はマットレスを選ぶうえで重要なポイントになるので、下記比較表を参考にしてみてください。

体重別で選ぶべき腰痛マットレス  

名称 モットン

モットン

雲のやすらぎプレミアム うつ伏せ

雲のやすらぎ

マニフレックス

マニフレックス

45kg以下 ソフト140N 体重190kgの千代丸関でも体圧分散 厚み16cm
45~80kg レギュラー170N 厚み16~22cm
80kg以上 ハード280N 厚み16~22cm
値段 39,800円~ 39,800円~ 31,000円~
公式サイト 詳細→ 詳細→ 詳細→
腰痛マットレス一家
寝姿勢が凹凸にならないように、自分の体重に合った硬めマットレスを選んでくださいね。

 

そのほか目的別の選び方

今回は硬めマットレスを比較しました。

当サイトでは以下の条件でも分かりやすくまとめているので、ぜひご覧ください。

 

-目的別のおすすめ腰痛マットレス

© 2021 腰痛マットレス一家|2021年腰痛寝具おすすめ51社比較ランキング【選び方口コミ体験談】